ブログ復活しました!ついでにタイトル変えました。 猫とバイクと相方との日記です。


by akubi65
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

スコティッシュフォールドの病気の話

スコティッシュフォールドで検索して骨瘤と言う言葉を知りました。

骨瘤(骨軟骨異型性)とは、
生後4カ月頃から骨の成長が止まる生後13ヶ月前後に、軟骨の形成が異常となり、すり減ったりして、関節が狭くなり痛みが出たり、手足の末端の部分の骨が変な形になって、腫れたりします。尾から後肢・前肢そして脊髄と広がる骨の病気です。
現時点ではその原因は不明な点が多く、残念ながら決定的な治療法も確立されていないようです。
症状の程度はさまざまですが、重度の猫では歩行ができなくなるだけでなく、かなりの痛みを感じ泣き叫ぶ子もいます。
かつては両親とも耳折れ同士の繁殖で発生すると言われてましたが、最近は耳折れでない親からの症例も報告されているそうです。

純血種の猫は雑種に比べて弱い事、ましてスコティッシュフォールドの折れ耳は奇形だから、間接とか特に弱いって事くらいは知っていましたが、ここまでとは・・・無知でした。
90%のスコに大なり小なり何らかの骨の異常が見られると書いてある所もありました。ショックです。

以前ロンもびっこをしていて病院で見てもらった事がありますが、その時はレントゲンでも異常は見られなかったものの、「この子は血が濃いね。」と言われました。
生まれつき少し奇形出ているのもやはり血が濃い事が原因だと思います。
スコティッシュフォールドについては色々問題があるようですね。
これ以上奇形の子・病気の子を増やさない為に買わない・飼わない様にしようと言う運動をやっている所もあるそうです。
それでもロンと縁があって出会い我が家に来たのですから、無事に成長してくれる事を願います。そして今までより少し注意して様子を見てあげようと思います。
e0057975_15574192.jpg
元気で大きくなってね^^

[PR]
by akubi65 | 2006-08-25 18:03 | ロン